top›栄養士に就職したい!

栄養士に就職したい!

<広告>

<広告>

栄養士という職業は身近にも聞いたことがあると思います。 たとえば学校給食がそうですね。

学校給食における栄養士さんは、子ども達一人一人の成長に必要な栄養素を考えながら、集められた給食費の中で献立をたてます。

ほかにも栄養士さんが活躍している場面は多く、たとえば某映画の元となった社員食堂のレシピ本を編集した社員食堂の栄養士さん、学生寮などにいる栄養士さん、病院で食事指導を行う栄養士さんなどがいます。

こうした栄養士の仕事に就くためには何をしなければならないのかというと、まず大学など専門機関において栄養士の資格を取得するための講座を修了、卒業すると、厚生労働省から栄養士免許が発行されます。

人々の栄養を考えて、健康を維持するための献立を作ることが仕事ですから、栄養素のことはもちろん、食事と体の関係や、靭帯の仕組みなどを勉強しなければなりません。

栄養士の求人は学校に来る一般企業などのものはもちろん、求人情報誌などでも病院や社員食堂、委託給食管理センターなどで募集しています。

専門分野でありながらも求人は限られていますから、見つけるのも大変なことがありますが、それだけや利害がありますし、管理栄養士としてのステップも踏むことができます。

管理栄養士の場合は資格試験がありますが、栄養士の場合は必要な授業を受けていれば特に資格試験はありません。 そのため社会に出た人が栄養士になるために養成施設に入るということも今は多く見られます。

<広告>

栄養士就職コラム
栄養士に就職したい! 栄養士の就職状況 栄養士のやりがいは? 栄養士の仕事
栄養士の役割 栄養士の年収 栄養士を取り巻く関連資格 栄養士は栄養指導のスペシャリスト
栄養士に向いている人 今後の栄養士に求められること 学校給食 栄養士の職場 委託給食会社 栄養士の職場
病院 栄養士の職場 介護施設 栄養士の職場 保健所 栄養士の職場 外食産業 栄養士の職場
食品メーカー 栄養士の職場 保健センター 栄養士の職場 スポーツ栄養士 栄養士の職場 公務員 栄養士の職場
フリー 栄養士の職場 栄養士と管理栄養士の違い 栄養士になろう! 栄養士になるための方法
栄養士養成施設の特徴 栄養士養成のカリキュラム 栄養士の実習 自分に合った学校の選び方
卒業後の手続き 栄養士実力認定試験について 管理栄養士になろう! 管理栄養士になるための方法
管理栄養士養成施設の特徴 管理栄養士養成のカリキュラム 管理栄養士国家試験の概要 認められる実務経験について
管理栄養士国家試験の合格率 合格のための勉強方法 受験の申し込みをしよう 合格後の手続き

<広告>

<広告>