top›学校給食 栄養士の職場

学校給食 栄養士の職場

<広告>

<広告>

栄養士の職場はたくさんあります。 病院だったり社員食堂など一般企業だったり、その活躍の場は非常に幅広くなっています。

しかし栄養士と聞いて最初に思いつくのは学校給食、という人がほとんどではないでしょうか。 では学校給食における栄養士の仕事はどのようになっているのでしょうか。

学校給食のほかの職場でもそうですが、栄養士の仕事は毎日の給食の献立を、子どもたちの成長に必要な栄養面などを考慮して決めることだけと思われがちです。

しかし学校給食における栄養士の仕事はそれだけではありません。 ある栄養士の1日は、朝6時の出社と食材納品チェックから始まります。

それから調理師たちと協力して食材の下ごしらえをはじめ、10時頃から調理を開始します。 11時30分には食缶への盛り付けを開始し、12時に配膳となります。

給食時間が終われば食器の洗浄を行い、食器乾燥庫へ運んで業務は終わります。 最後にガスの元栓を締めて終了するのは17時になります。

最初のうちは体も痛く、足は棒のようだと言いますが、子ども達が給食をおいしいと食べてくれるとやりがいを感じる仕事です。

また最近では学校給食のことを親御さんや地域の方に知ってもらおうと、学校給食展などを開催している市町村もあります。 こうした取り組みが、栄養士の仕事を理解してもらう上で役立つことには間違いありません。

さらに栄養士が子ども達向けに給食便りを発行し、その中で職に関する情報を伝えていくことで、子どもたちの食育にもつながります。

<広告>

栄養士就職コラム
栄養士に就職したい! 栄養士の就職状況 栄養士のやりがいは? 栄養士の仕事
栄養士の役割 栄養士の年収 栄養士を取り巻く関連資格 栄養士は栄養指導のスペシャリスト
栄養士に向いている人 今後の栄養士に求められること 学校給食 栄養士の職場 委託給食会社 栄養士の職場
病院 栄養士の職場 介護施設 栄養士の職場 保健所 栄養士の職場 外食産業 栄養士の職場
食品メーカー 栄養士の職場 保健センター 栄養士の職場 スポーツ栄養士 栄養士の職場 公務員 栄養士の職場
フリー 栄養士の職場 栄養士と管理栄養士の違い 栄養士になろう! 栄養士になるための方法
栄養士養成施設の特徴 栄養士養成のカリキュラム 栄養士の実習 自分に合った学校の選び方
卒業後の手続き 栄養士実力認定試験について 管理栄養士になろう! 管理栄養士になるための方法
管理栄養士養成施設の特徴 管理栄養士養成のカリキュラム 管理栄養士国家試験の概要 認められる実務経験について
管理栄養士国家試験の合格率 合格のための勉強方法 受験の申し込みをしよう 合格後の手続き

<広告>

<広告>