top›病院 栄養士の職場

病院 栄養士の職場

<広告>

<広告>

病院における栄養士の仕事は、栄養士か、管理栄養士かで変わります。 管理栄養士の場合、栄養指導が主な仕事になりますから、管理栄養士の仕事のメインが病院にあると言えます。

主な仕事が入院している患者の食事管理および栄養指導となります。 時には妊婦さんや生活習慣病、病気によって栄養管理が必要な外来患者さんに対しても栄養指導を行うことがあります。

入院している場合、食事の提供は毎日3食行われますから、一般職のように食事制限を設けない場合のほかにも、塩分制限などがかかっている患者さんの食事の内容をしっかりと把握し、管理しなければなりません。

また入院している人にとっての楽しみの一つが食事ですから、食事制限されていても食事の時間が楽しみになるように献立を作ることが求められます。

最近は医療の一端にかかわるNSTという栄養サポートチームがあります。 栄養士の仕事として、食事管理、栄養指導は大きな仕事となります。 長期的な食事療法が必要な患者さんに行われるのがこの栄養指導です。

特に外来患者や退院患者は自宅で自分で行わなければなりません。 病院勤務の栄養士は、日常生活における食生活や、生活スタイルを把握し、自宅における食事療法を指導していく必要があります。

また医療の進歩にともない、変わり続ける環境にも、積極的に対応していかなければなりません。 ほかにも調理の仕事もありますし、片付けも行います。

病院の規模によっても業務内容は変わりますから、把握しておく必要があるでしょう。

<広告>

栄養士就職コラム
栄養士に就職したい! 栄養士の就職状況 栄養士のやりがいは? 栄養士の仕事
栄養士の役割 栄養士の年収 栄養士を取り巻く関連資格 栄養士は栄養指導のスペシャリスト
栄養士に向いている人 今後の栄養士に求められること 学校給食 栄養士の職場 委託給食会社 栄養士の職場
病院 栄養士の職場 介護施設 栄養士の職場 保健所 栄養士の職場 外食産業 栄養士の職場
食品メーカー 栄養士の職場 保健センター 栄養士の職場 スポーツ栄養士 栄養士の職場 公務員 栄養士の職場
フリー 栄養士の職場 栄養士と管理栄養士の違い 栄養士になろう! 栄養士になるための方法
栄養士養成施設の特徴 栄養士養成のカリキュラム 栄養士の実習 自分に合った学校の選び方
卒業後の手続き 栄養士実力認定試験について 管理栄養士になろう! 管理栄養士になるための方法
管理栄養士養成施設の特徴 管理栄養士養成のカリキュラム 管理栄養士国家試験の概要 認められる実務経験について
管理栄養士国家試験の合格率 合格のための勉強方法 受験の申し込みをしよう 合格後の手続き

<広告>

<広告>