top›介護施設 栄養士の職場

介護施設 栄養士の職場

<広告>

<広告>

介護施設は一つではありません。 特別養護老人保健施設からデイサービス、通所リハビリテーション、グループホームなど、様々な種類があります。

そしてそれぞれにそれぞれが必要とする介護度に合わせて、介護サービスを受けることができます。 その介護施設では、介護職員をはじめ、看護師や事務員など、たくさんのスタッフが働いていますが、栄養士もその一人です。

介護施設では栄養士はどのような仕事をしているのでしょうか。 2005年に介護保険法が改正され、管理栄養士を中心に食事ケアが導入、それまでの給食管理業務は利用者の栄養管理へと変わりました。

介護施設の中には1日3食提供する場所、1日1食~プラスおやつを提供する場所などがありますが、管理栄養士の場合は大体その施設で1日を過ごすことが多い施設にいるため、3食分考えていくことになります。

栄養士は利用者一人ずつの体調を把握し、介護士や看護師などと話し合いながら献立を作っていきます。 介護施設で重要なことは、利用者の食事の様子を観察し、食べ残しはないかなど、介助士ながら見ていくことになります。

また利用者の食事の取り方や水分摂取に関する講習会を催し、その講師をすることも珍しくありません。 利用者にしてみれば介護施設は生活の場ですから、食事で課程を表現することも必要です。

そのためにも、栄養士は利用者が病気にならないよう栄養指導や食事管理をしていく必要があります。 責任も重要な仕事といえるでしょう。

<広告>

栄養士就職コラム
栄養士に就職したい! 栄養士の就職状況 栄養士のやりがいは? 栄養士の仕事
栄養士の役割 栄養士の年収 栄養士を取り巻く関連資格 栄養士は栄養指導のスペシャリスト
栄養士に向いている人 今後の栄養士に求められること 学校給食 栄養士の職場 委託給食会社 栄養士の職場
病院 栄養士の職場 介護施設 栄養士の職場 保健所 栄養士の職場 外食産業 栄養士の職場
食品メーカー 栄養士の職場 保健センター 栄養士の職場 スポーツ栄養士 栄養士の職場 公務員 栄養士の職場
フリー 栄養士の職場 栄養士と管理栄養士の違い 栄養士になろう! 栄養士になるための方法
栄養士養成施設の特徴 栄養士養成のカリキュラム 栄養士の実習 自分に合った学校の選び方
卒業後の手続き 栄養士実力認定試験について 管理栄養士になろう! 管理栄養士になるための方法
管理栄養士養成施設の特徴 管理栄養士養成のカリキュラム 管理栄養士国家試験の概要 認められる実務経験について
管理栄養士国家試験の合格率 合格のための勉強方法 受験の申し込みをしよう 合格後の手続き

<広告>

<広告>