top›保健所 栄養士の職場

保健所 栄養士の職場

<広告>

<広告>

栄養士が働く職場は学校給食や委託給食、介護施設や病院だけではありません。 栄養士は保健所、保健センターにも常駐しています。

この場合の栄養士は住民にもっとも近い栄養士ということで栄養相談も気軽に受けられます。 またほかにも地域で集団給食がおこなわれていればそこに行ったり、講習会を開いたり、集団検診における栄養指導などが仕事となります。

さらに地域密着している保健センターであれば、妊婦さんや赤ちゃんからお子さん、高齢者の栄養相談が仕事になります。

また母親学級、離乳食指導に講習会、高齢者の健康相談において栄養指導を行います。 保健所、保健センターを希望する栄養士は多いですが、公務員の扱いになりますから公務員試験を受けなければなりません。

経験者の話では、薬剤師や保健師に比べると、栄養士の数は非常に少ないということで、定年で辞める人が出ても採用はないこともあるそうです。

また企業において健康相談を行っていたり、診療所を設けていればそこでも栄養士が栄養指導を行います。 この場合は健康診断後に栄養相談が増えるようで、健康診断の結果が木になっている人がそれだけ今は多いということでしょう。

相談件数、企業からの以来により、その企業に勤める人のための健康セミナーを行ったり、健康的な献立を立てて料理教室を開くこともあります。

こうした栄養相談がメインとなる場合は、栄養士が持つべき専門知識以外にも、相談してくる人と確実な相談が行えるためのコミュニケーション能力も問われることになります。

<広告>

栄養士就職コラム
栄養士に就職したい! 栄養士の就職状況 栄養士のやりがいは? 栄養士の仕事
栄養士の役割 栄養士の年収 栄養士を取り巻く関連資格 栄養士は栄養指導のスペシャリスト
栄養士に向いている人 今後の栄養士に求められること 学校給食 栄養士の職場 委託給食会社 栄養士の職場
病院 栄養士の職場 介護施設 栄養士の職場 保健所 栄養士の職場 外食産業 栄養士の職場
食品メーカー 栄養士の職場 保健センター 栄養士の職場 スポーツ栄養士 栄養士の職場 公務員 栄養士の職場
フリー 栄養士の職場 栄養士と管理栄養士の違い 栄養士になろう! 栄養士になるための方法
栄養士養成施設の特徴 栄養士養成のカリキュラム 栄養士の実習 自分に合った学校の選び方
卒業後の手続き 栄養士実力認定試験について 管理栄養士になろう! 管理栄養士になるための方法
管理栄養士養成施設の特徴 管理栄養士養成のカリキュラム 管理栄養士国家試験の概要 認められる実務経験について
管理栄養士国家試験の合格率 合格のための勉強方法 受験の申し込みをしよう 合格後の手続き

<広告>

<広告>