top›外食産業 栄養士の職場

外食産業 栄養士の職場

<広告>

<広告>

最近では栄養士の活躍する職場として、外食産業が注目されています。

外食をするのはダイエットや健康に悪いなどと言われていますが、サラリーマンなどであれば1日1回は外食するという人も多く、我々の生活に外食は欠かせないものとなっています。

しかし高カロリーや高塩分になりやすく、メタボリックシンドロームや糖尿病であれば気をつけていかなければなりません。

そこで栄養士が外食産業に携わっていけば、外食であっても低カロリーのメニュー、糖尿病患者向けのメニューなどが出せるようになり、食事に注意が必要で外食がなかなかできなかった人にも、外食が楽しめるというメリットが生まれるようになりました。

栄養士は栄養に関することのエキスパートですから、外食産業で働き、そこにいる調理師と力を合わせて、万人が楽しめる食事を提供できるように努力するお店も今は増えています。

たとえばあるレストランは糖尿病食を提供していますが、栄養士などがホールスタッフを兼任し、お店に訪れた糖尿病患者に、食べ方で工夫できることなどを教えることもできます。

ほかにも栄養士、調理師、医師が協力し合い、なかなか取れないような栄養素も取れるように計算し、メニューとして検討し、その結果、健康的で栄養のあるメニューが誕生しています。

最近の外食産業は、社会がメタボリックシンドロームや生活習慣病に注意を払うようになって来た昨今、栄養士を導入し、メニューを組み立てることが増えてきました。

そのため栄養士にとって外食産業は、今後ますますニーズが高まる職場といえるでしょう。

<広告>

栄養士就職コラム
栄養士に就職したい! 栄養士の就職状況 栄養士のやりがいは? 栄養士の仕事
栄養士の役割 栄養士の年収 栄養士を取り巻く関連資格 栄養士は栄養指導のスペシャリスト
栄養士に向いている人 今後の栄養士に求められること 学校給食 栄養士の職場 委託給食会社 栄養士の職場
病院 栄養士の職場 介護施設 栄養士の職場 保健所 栄養士の職場 外食産業 栄養士の職場
食品メーカー 栄養士の職場 保健センター 栄養士の職場 スポーツ栄養士 栄養士の職場 公務員 栄養士の職場
フリー 栄養士の職場 栄養士と管理栄養士の違い 栄養士になろう! 栄養士になるための方法
栄養士養成施設の特徴 栄養士養成のカリキュラム 栄養士の実習 自分に合った学校の選び方
卒業後の手続き 栄養士実力認定試験について 管理栄養士になろう! 管理栄養士になるための方法
管理栄養士養成施設の特徴 管理栄養士養成のカリキュラム 管理栄養士国家試験の概要 認められる実務経験について
管理栄養士国家試験の合格率 合格のための勉強方法 受験の申し込みをしよう 合格後の手続き

<広告>

<広告>