top›食品メーカー 栄養士の職場

食品メーカー 栄養士の職場

<広告>

<広告>

栄養士の職場として最近注目を集めているのが食品メーカーです。 食品メーカーで栄養士はどのような仕事をしているのかというと、主に新製品開発になります。

商品開発担当者の栄養士というのは、商品が商品として店頭に並ぶまでに、工場および現場の企画や営業、デザインなどを行います。

もちろんこれらは一人で行うのではなく、そこにいる担当者とともに協力し合いながら仕事を進めていきます。 商品開発というのはその商品が売れるかどうかによって会社の業績にかかわりますから、非常に重要な位置を占めてきます。

そのため食品メーカーにおける栄養士は、市場で売れている食品、料理の研究調査や、展示会に行ったりし、時代が求めるものを見つけたりする力が必要とされます。

少し前にニュースになった食品偽装事件などから、食の安全性が求められる現代、産地、原材料が以下に安全かということをしっかり伝えていかなければなりません。

さらにコスト面のことも考えていかなければならないのが食品メーカーの栄養士です。 商品完成後は販売促進を行うために、その商品を使ったメニューを考案、カタログに掲載する料理の作成、試食会参加などがあります。 中にはパッケージ、キャッチコピーを栄養士が考えることもあります。

食品メーカーにおける栄養士の仕事というのは非常に大きく、基礎知識をはじめ、市場を調査し、企画し、コストを考え、コミュニケーションをはかる力が求められます。

しかし商品が店頭に並ぶときにやりがいを感じるのがこの食品メーカーの栄養士の仕事です。

<広告>

栄養士就職コラム
栄養士に就職したい! 栄養士の就職状況 栄養士のやりがいは? 栄養士の仕事
栄養士の役割 栄養士の年収 栄養士を取り巻く関連資格 栄養士は栄養指導のスペシャリスト
栄養士に向いている人 今後の栄養士に求められること 学校給食 栄養士の職場 委託給食会社 栄養士の職場
病院 栄養士の職場 介護施設 栄養士の職場 保健所 栄養士の職場 外食産業 栄養士の職場
食品メーカー 栄養士の職場 保健センター 栄養士の職場 スポーツ栄養士 栄養士の職場 公務員 栄養士の職場
フリー 栄養士の職場 栄養士と管理栄養士の違い 栄養士になろう! 栄養士になるための方法
栄養士養成施設の特徴 栄養士養成のカリキュラム 栄養士の実習 自分に合った学校の選び方
卒業後の手続き 栄養士実力認定試験について 管理栄養士になろう! 管理栄養士になるための方法
管理栄養士養成施設の特徴 管理栄養士養成のカリキュラム 管理栄養士国家試験の概要 認められる実務経験について
管理栄養士国家試験の合格率 合格のための勉強方法 受験の申し込みをしよう 合格後の手続き

<広告>

<広告>