top›栄養士の就職状況

栄養士の就職状況

<広告>

<広告>

栄養士として活動する場合、具体的にどのような所が職場になりえるのでしょうか? 病院が学校と言ったところがまず思い浮かぶでしょう。

しかしその他にも就職先はあって、給食関連の施設や福祉施設、保健所などに就職する人もいます。 研究機関や教育機関で活躍している栄養士の人もいます。 こうしてみると、引く手あまたのような感じがしなくもありません。

しかし実際には、専門的な仕事を担当しますので、それほど多くの人材を求めていません。 上で紹介した、たいていの施設で大量に募集が出ることはありません。 せいぜい1~4人程度が核施設に在籍しているという感じです。

現在、栄養士養成施設を卒業する人は日本全国で、数万人単位になります。 しかしこの中で実際に、栄養士に就職できるのは半数以下になってしまうと言われています。

ですからもしどうしても栄養士として就職したいのであれば、求人情報をこまめにチェックすることが重要です。

ちなみにどのような職場に就職するかを決めておきましょう。 職場のジャンルによって、求人が出るタイミングが少し変わってきます。 給食関係の施設の場合、5~6月が多いと言われています。

病院などの募集は、8~9月ごろによく求人が出る傾向があります。 保健所などの公的な機関での募集はもう少し遅くて10月ごろになると言われています。

自分の働きたい職場を決めて、上のスケジュールにあてはめながら就職活動のやり方を考えてみましょう。

<広告>

栄養士就職コラム
栄養士に就職したい! 栄養士の就職状況 栄養士のやりがいは? 栄養士の仕事
栄養士の役割 栄養士の年収 栄養士を取り巻く関連資格 栄養士は栄養指導のスペシャリスト
栄養士に向いている人 今後の栄養士に求められること 学校給食 栄養士の職場 委託給食会社 栄養士の職場
病院 栄養士の職場 介護施設 栄養士の職場 保健所 栄養士の職場 外食産業 栄養士の職場
食品メーカー 栄養士の職場 保健センター 栄養士の職場 スポーツ栄養士 栄養士の職場 公務員 栄養士の職場
フリー 栄養士の職場 栄養士と管理栄養士の違い 栄養士になろう! 栄養士になるための方法
栄養士養成施設の特徴 栄養士養成のカリキュラム 栄養士の実習 自分に合った学校の選び方
卒業後の手続き 栄養士実力認定試験について 管理栄養士になろう! 管理栄養士になるための方法
管理栄養士養成施設の特徴 管理栄養士養成のカリキュラム 管理栄養士国家試験の概要 認められる実務経験について
管理栄養士国家試験の合格率 合格のための勉強方法 受験の申し込みをしよう 合格後の手続き

<広告>

<広告>