top›公務員 栄養士の職場

公務員 栄養士の職場

<広告>

<広告>

栄養士の中でも公務員職につく場合があります。 栄養士の公務員は様々な現場で活躍しますが、当然公務員試験を受けて合格しなければなりません。

では公務員の栄養士にはどのような職場がアルのかというと、学校、病院、福祉施設、保育施設、福祉事務所に市町村の役所、ほかにも保健所や保険センターなどがあります。

公務員といえば転勤がつきものですが、栄養士の公務員の場合は同じ業界で転勤ということはありません。 たとえば今まで病院だったのに次は役所、ということもあります。

ですがこの転勤に関しては市町村によって異なり、同じ勤務先に何年もいたりすることもあります。 ですが栄養士の公務員は毎年募集があるわけではありません。

ですからその年採用があるかどうかは、自治体のホームページを見たり情報を自分で集めるしかありません。

それでも公務員の栄養士になるために必要なことは、猛勉強することです。 専門知識だけではなく、一般教養も試験に含まれますし、狭き門ですから、勉強は早めに始めるに越したことはありません。

実際に公務員として栄養士の仕事をしたいと言う人は多いので、後は本人がどれだけ勉強して頑張るかによるでしょう。

しかし、すでに公務員の栄養士として働いている人によると、一度だめだったからと言って別の職種を受けたりしてはいけないということです。

たとえば病院の栄養士を希望していたのに、福祉施設の栄養士に変えるということです。 この場合は長続きしないという話です。希望はしっかり持つようにしましょう。

<広告>

栄養士就職コラム
栄養士に就職したい! 栄養士の就職状況 栄養士のやりがいは? 栄養士の仕事
栄養士の役割 栄養士の年収 栄養士を取り巻く関連資格 栄養士は栄養指導のスペシャリスト
栄養士に向いている人 今後の栄養士に求められること 学校給食 栄養士の職場 委託給食会社 栄養士の職場
病院 栄養士の職場 介護施設 栄養士の職場 保健所 栄養士の職場 外食産業 栄養士の職場
食品メーカー 栄養士の職場 保健センター 栄養士の職場 スポーツ栄養士 栄養士の職場 公務員 栄養士の職場
フリー 栄養士の職場 栄養士と管理栄養士の違い 栄養士になろう! 栄養士になるための方法
栄養士養成施設の特徴 栄養士養成のカリキュラム 栄養士の実習 自分に合った学校の選び方
卒業後の手続き 栄養士実力認定試験について 管理栄養士になろう! 管理栄養士になるための方法
管理栄養士養成施設の特徴 管理栄養士養成のカリキュラム 管理栄養士国家試験の概要 認められる実務経験について
管理栄養士国家試験の合格率 合格のための勉強方法 受験の申し込みをしよう 合格後の手続き

<広告>

<広告>