top›フリー 栄養士の職場

フリー 栄養士の職場

<広告>

<広告>

栄養士は学校や病院、施設などに所属していると思われがちですが、何も就職しているだけの人ばかりではありません。 中にはフリーとして働いているいわゆる改行栄養士や在宅栄養士という人もいます。

では栄養士がフリーとして働くためにはどうすればいいのかというと、基本的なこととして仕事を自分自身で見つけていくことや、栄養士としての最新の知識を入手し、スキルをあげることなどがあります。

栄養士会、全国地域活動栄養士協議会などの機関を利用すれば最新の知識を得ることができるでしょう。

また定期的か不定期か、それぞれ違いはありますが、研究会も催されているようですから活用するといいでしょう。 ほかにも栄養や食などの専門誌を購読するのも一つの方法です。

ではフリーの栄養士はどうやって仕事を探せばいいのでしょうか。 一番手っ取り早いのは市役所や保健所に聞いてみることです。

医療機関などに聞いてみても見つかることがありますし、中には料理教室を開講する人もいます。 フリーの栄養士は時間に融通がききますし、仕事に幅が広がります。

しかし管理は自分で指定かなければなりませんし、仕事も自分で見つけなければなりません。 それでも仕事を請けたときには喜びがありますし、終われば信頼関係が生まれます。

そうすることで実績ができあがり、フリーの栄養士としての活躍の場も広がりを見せるようになります。 臨機応変に動ける人や、コミュニケーションが苦にならない人に向いているといえるでしょう。

<広告>

栄養士就職コラム
栄養士に就職したい! 栄養士の就職状況 栄養士のやりがいは? 栄養士の仕事
栄養士の役割 栄養士の年収 栄養士を取り巻く関連資格 栄養士は栄養指導のスペシャリスト
栄養士に向いている人 今後の栄養士に求められること 学校給食 栄養士の職場 委託給食会社 栄養士の職場
病院 栄養士の職場 介護施設 栄養士の職場 保健所 栄養士の職場 外食産業 栄養士の職場
食品メーカー 栄養士の職場 保健センター 栄養士の職場 スポーツ栄養士 栄養士の職場 公務員 栄養士の職場
フリー 栄養士の職場 栄養士と管理栄養士の違い 栄養士になろう! 栄養士になるための方法
栄養士養成施設の特徴 栄養士養成のカリキュラム 栄養士の実習 自分に合った学校の選び方
卒業後の手続き 栄養士実力認定試験について 管理栄養士になろう! 管理栄養士になるための方法
管理栄養士養成施設の特徴 管理栄養士養成のカリキュラム 管理栄養士国家試験の概要 認められる実務経験について
管理栄養士国家試験の合格率 合格のための勉強方法 受験の申し込みをしよう 合格後の手続き

<広告>

<広告>