top›栄養士と管理栄養士の違い

栄養士と管理栄養士の違い

<広告>

<広告>

栄養にかかわる仕事は栄養士だけではありません。管理栄養士というのもあります。 では栄養士と管理栄養士にはどのような違いがあるのでしょうか。

まず栄養士になるためには厚生労働大臣指定の2年以上の施設を卒業後、都道府県知事から免許をもらう必要があります。 つまり栄養士になるために試験は必要ありません。

一方、管理栄養士は栄養士のワンランク上の資格となり、より高い技術と知識が求められることに也、試験に合格しなければなりません。

では仕事内容はどう違うのでしょうか。 まず栄養士の仕事ですが、栄養士は給食管理など、不特定多数の健康的な人を相手に仕事をします。

一方、管理栄養士が仕事の対称とするのは個人であり、病気、体質、その他もろもろの事情を考えた上で栄養指導を行い、給食の管理をします。

大きく違うのは管理栄養士だけが栄養指導できる立場にあるということであり、さらに高いスキルと知識を必要とされる福祉施設や病院などの場合、管理栄養士に対しては報酬も高く支払われるということです。

また管理栄養士は栄養士の免許を取得後、一定期間栄養指導関係に従事するか、管理栄養士養成施設を卒業し、栄養士免許を得る必要があります。

実務経験を問わずに管理栄養士になるためには4年制大学、専門学校などを卒業する必要がありますが、いずれにしろ専門知識の必要な専門職ということになります。

なお管理栄養士の資格を取得するための通信教育も今は開講されていますので、興味のある方や取得を目指す方は活用されていくといいでしょう。

<広告>

栄養士就職コラム
栄養士に就職したい! 栄養士の就職状況 栄養士のやりがいは? 栄養士の仕事
栄養士の役割 栄養士の年収 栄養士を取り巻く関連資格 栄養士は栄養指導のスペシャリスト
栄養士に向いている人 今後の栄養士に求められること 学校給食 栄養士の職場 委託給食会社 栄養士の職場
病院 栄養士の職場 介護施設 栄養士の職場 保健所 栄養士の職場 外食産業 栄養士の職場
食品メーカー 栄養士の職場 保健センター 栄養士の職場 スポーツ栄養士 栄養士の職場 公務員 栄養士の職場
フリー 栄養士の職場 栄養士と管理栄養士の違い 栄養士になろう! 栄養士になるための方法
栄養士養成施設の特徴 栄養士養成のカリキュラム 栄養士の実習 自分に合った学校の選び方
卒業後の手続き 栄養士実力認定試験について 管理栄養士になろう! 管理栄養士になるための方法
管理栄養士養成施設の特徴 管理栄養士養成のカリキュラム 管理栄養士国家試験の概要 認められる実務経験について
管理栄養士国家試験の合格率 合格のための勉強方法 受験の申し込みをしよう 合格後の手続き

<広告>

<広告>