top›栄養士になろう!

栄養士になろう!

<広告>

<広告>

自分の進路を決めるとき、栄養士を目指そうという考えを持つ方も多いでしょう。

では栄養士になるためにはどうすればいいのかというと、栄養士を養成するための教育機関を2年間通い、卒業と同時に栄養士免許をもらうことになります。

日本ではこの栄養士という資格が誕生してから60年ほどたっており、現在1年の間におよそ2万人の栄養士が生まれています。 また栄養士養成学校に通う生徒の大半は社会人で、社会人になってから栄養士になりたいという人も多くいます。

栄養士は今その活躍の場を広げており、学校給食や職場や寮の食堂、外食産業、病院、福祉施設、保育施設、保健所、保健センター、スポーツセンターなど様々なジャンルにいます。

また養成施設の中には教育訓練給付制度を受けることができる場合もあり、手に職をつけたいというかたが取得しやすい資格となっています。 しかも現在は健康ブームであり、栄養を十分必要なだけ体に取り入れることの大切さが説かれています。

この健康ブームに関するレシピ本も多数出版されており、そのような場面でも栄養士は活躍しています。 栄養士から一歩進んだ国家資格の管理栄養士も人気が高く、栄養指導などさらに活躍の場を広げていくことが可能です。

つまり、栄養士というのはじぶんの可能性を広げることができる職業ということです。 栄養士は様々な分野で必要とされています。

そんな栄養士をあなたも目指してみてはいかがでしょうか。あなたの人生の幅が広がりますよ。

<広告>

栄養士就職コラム
栄養士に就職したい! 栄養士の就職状況 栄養士のやりがいは? 栄養士の仕事
栄養士の役割 栄養士の年収 栄養士を取り巻く関連資格 栄養士は栄養指導のスペシャリスト
栄養士に向いている人 今後の栄養士に求められること 学校給食 栄養士の職場 委託給食会社 栄養士の職場
病院 栄養士の職場 介護施設 栄養士の職場 保健所 栄養士の職場 外食産業 栄養士の職場
食品メーカー 栄養士の職場 保健センター 栄養士の職場 スポーツ栄養士 栄養士の職場 公務員 栄養士の職場
フリー 栄養士の職場 栄養士と管理栄養士の違い 栄養士になろう! 栄養士になるための方法
栄養士養成施設の特徴 栄養士養成のカリキュラム 栄養士の実習 自分に合った学校の選び方
卒業後の手続き 栄養士実力認定試験について 管理栄養士になろう! 管理栄養士になるための方法
管理栄養士養成施設の特徴 管理栄養士養成のカリキュラム 管理栄養士国家試験の概要 認められる実務経験について
管理栄養士国家試験の合格率 合格のための勉強方法 受験の申し込みをしよう 合格後の手続き

<広告>

<広告>