top›栄養士養成施設の特徴

栄養士養成施設の特徴

<広告>

<広告>

栄養士養成施設は全国にたくさんあります。 では栄養士養成施設とはどのような施設のことを言うのでしょうか。

まず管理栄養士についてみて見ると、管理栄養士になるための施設は4年生の専門学校または大学になります。 日本にある管理栄養士養成施設の大半が女子校になりますが、徳島などには共学校もあります。

施設は北海道5施設をはじめ、東北に7施設、関東に35施設、北陸に5施設、中部に17施設、関西に29施設、中国に14施設、四国に4施設、九州に14施設あります。

単なる栄養士だけの場合は専門学校、短大で2年、大学で4年学ぶことになります。 その大半は2年生の専門学校か短大となっており、鋭意要旨に必要な知識と技術を学ぶのが特徴です。

そのため将来的に給食施設などに就職したいという方に向いているといえます。 栄養士の資格はこうした養成施設を卒業すれば取得できますが、さらにスキルアップを狙うなら管理栄養士になります。

管理栄養士になるには、実務経験が必要で、2年間養成施設で学んだ場合は3年となります。 管理栄養士になるには国家試験を受験し、合格しなければなりませんが、活躍の幅は広がり、より専門性を活かした仕事ができます。

管理栄養士に、栄養士の方がなりたいと思ったら、学校に通うか、通信教育を受けるという方法があります。 もちろん独学でも受験は可能ですが、より試験対策をするのであれば、こうした管理栄養士養成施設を利用したほうがいいでしょう。

<広告>

栄養士就職コラム
栄養士に就職したい! 栄養士の就職状況 栄養士のやりがいは? 栄養士の仕事
栄養士の役割 栄養士の年収 栄養士を取り巻く関連資格 栄養士は栄養指導のスペシャリスト
栄養士に向いている人 今後の栄養士に求められること 学校給食 栄養士の職場 委託給食会社 栄養士の職場
病院 栄養士の職場 介護施設 栄養士の職場 保健所 栄養士の職場 外食産業 栄養士の職場
食品メーカー 栄養士の職場 保健センター 栄養士の職場 スポーツ栄養士 栄養士の職場 公務員 栄養士の職場
フリー 栄養士の職場 栄養士と管理栄養士の違い 栄養士になろう! 栄養士になるための方法
栄養士養成施設の特徴 栄養士養成のカリキュラム 栄養士の実習 自分に合った学校の選び方
卒業後の手続き 栄養士実力認定試験について 管理栄養士になろう! 管理栄養士になるための方法
管理栄養士養成施設の特徴 管理栄養士養成のカリキュラム 管理栄養士国家試験の概要 認められる実務経験について
管理栄養士国家試験の合格率 合格のための勉強方法 受験の申し込みをしよう 合格後の手続き

<広告>

<広告>