top›栄養士養成のカリキュラム

栄養士養成のカリキュラム

<広告>

<広告>

栄養士養成施設のカリキュラムは、その施設によって若干の違いはあるものの、ほぼ同じカリキュラムが組まれています。 たとえば管理栄養士を養成するためのとある大学のカリキュラムでは、大きく6つの科目郡に分けられています。

1つ目は基礎・教養科目郡で、人文科学分野、社会科学分野、自然科学分野、外国語分野になります。

2つ目は専門基礎科目郡で、理化学生物学分野、人体の構造と機能、疾病の成り立ち分野、社会・環境と健康分野、食べ物と健康分野になります。

3つ目は専門科目郡で、基礎栄養学分野、公衆栄養学分野、応用栄養学分野、給食経営管理理論分野、栄養教育論分野、総合演習分野、臨床栄養学分野、臨地実習分野になります。

4つ目は6系科目郡で、臨床栄養系、福祉栄養系、地域栄養教育系、スポーツ栄養系、給食マネジメント系、食品開発系になります。

5つ目は栄養教諭科目郡で、栄養教諭分野、教職専門科目になります。

最後の6詰めは総合分野科目郡で、総合講座、実践栄養学持論、共通特論、演習・卒業研究になります。

いずれも専門的な知識の取得とスキルアップのために配置されたもので、実際に保健や医療、給食の分野で活動してみることで、将来的な展望も見えてきます。

栄養士の場合は又これと違ったカリキュラムが組まれることになりますが、栄養学の基礎を学ぶということでは栄養士も管理栄養士も一致しています。

栄養士は栄養学のプロであり、集団を相手にするのか、個人を相手にするのかという違いこそあれ、誇りを持ってできる仕事です。

カリキュラムをこなし、専門知識を身につけましょう。

<広告>

栄養士就職コラム
栄養士に就職したい! 栄養士の就職状況 栄養士のやりがいは? 栄養士の仕事
栄養士の役割 栄養士の年収 栄養士を取り巻く関連資格 栄養士は栄養指導のスペシャリスト
栄養士に向いている人 今後の栄養士に求められること 学校給食 栄養士の職場 委託給食会社 栄養士の職場
病院 栄養士の職場 介護施設 栄養士の職場 保健所 栄養士の職場 外食産業 栄養士の職場
食品メーカー 栄養士の職場 保健センター 栄養士の職場 スポーツ栄養士 栄養士の職場 公務員 栄養士の職場
フリー 栄養士の職場 栄養士と管理栄養士の違い 栄養士になろう! 栄養士になるための方法
栄養士養成施設の特徴 栄養士養成のカリキュラム 栄養士の実習 自分に合った学校の選び方
卒業後の手続き 栄養士実力認定試験について 管理栄養士になろう! 管理栄養士になるための方法
管理栄養士養成施設の特徴 管理栄養士養成のカリキュラム 管理栄養士国家試験の概要 認められる実務経験について
管理栄養士国家試験の合格率 合格のための勉強方法 受験の申し込みをしよう 合格後の手続き

<広告>

<広告>