top›栄養士実力認定試験について

栄養士実力認定試験について

<広告>

<広告>

栄養士実力認定試験をご存知ですか?

この栄養士実力認定試験というのは、正式名称を社団法人全国栄養士養成施設協会認定栄養士実力試験といい、栄養士自信のスキルアップ、均一化を目指しながら、各養成施設が教育への認識を改めて認識していくものです。

10月中旬までに願書を提出し、12月上旬に試験が実施されます。 合否判定が出るまで2ヶ月ほどかかりますが、試験の内容は公衆衛生学、社会福祉概論、解剖生理学などとなっています。

受験料は4000円で、試験時間は2時間となっています。 受験資格は会員となっている施設を3月で卒業する予定の人または卒業生です。

認定はA~Cまで分かれており、Aは栄養士としての信頼がある人、Bはよりいっそうのスキルアップを期待する人、Cはより多くの研修を受けたほうがいい人となります。 なお認定証は3月上旬に交付されます。

過去の傾向を見ると、受験者数が最も多いのは短期大学で、管理栄養士過程がそれに続きます。 しかしつい10年ほど前までは管理栄養士家庭は150名程度と大変少なく、徐々に増えていきました。

現在では2500名を越す管理栄養士過程の方が受験されています。 合格者数も増えていき、2012年の認定Aは6000名を突破しています。

なお認定Bは2800名ほど、認定Cは500名ほどとなっており、養成施設がよりスキルの高い、信頼の置ける栄養士を以下に育てているかがわかります。

栄養士の資格を持つ方、これから卒業される方は、ぜひ受験してみてください。

<広告>

栄養士就職コラム
栄養士に就職したい! 栄養士の就職状況 栄養士のやりがいは? 栄養士の仕事
栄養士の役割 栄養士の年収 栄養士を取り巻く関連資格 栄養士は栄養指導のスペシャリスト
栄養士に向いている人 今後の栄養士に求められること 学校給食 栄養士の職場 委託給食会社 栄養士の職場
病院 栄養士の職場 介護施設 栄養士の職場 保健所 栄養士の職場 外食産業 栄養士の職場
食品メーカー 栄養士の職場 保健センター 栄養士の職場 スポーツ栄養士 栄養士の職場 公務員 栄養士の職場
フリー 栄養士の職場 栄養士と管理栄養士の違い 栄養士になろう! 栄養士になるための方法
栄養士養成施設の特徴 栄養士養成のカリキュラム 栄養士の実習 自分に合った学校の選び方
卒業後の手続き 栄養士実力認定試験について 管理栄養士になろう! 管理栄養士になるための方法
管理栄養士養成施設の特徴 管理栄養士養成のカリキュラム 管理栄養士国家試験の概要 認められる実務経験について
管理栄養士国家試験の合格率 合格のための勉強方法 受験の申し込みをしよう 合格後の手続き

<広告>

<広告>