top›管理栄養士になるための方法

管理栄養士になるための方法

<広告>

<広告>

管理栄養士になるためには、栄養士の資格を取得する必要があります。 栄養士の資格を取得するためには、栄養士養成施設もしくは管理栄養士養成施設を卒業しないといけません。

栄養士養成施設は、4年制の栄養士過程があります。 その他には、3年制の短大もしくは専門学校があります。

さらには2年制の短大もしくは専門学校があり5つのコースの中から選択することになります。 これらの栄養士養成施設を卒業すれば、自動的に栄養士の資格を取得できます。

管理栄養士施設とは、4年制大学もしくは専門学校のいずれかのコースがあります。 管理栄養士施設のカリキュラムを修了すると、栄養士の資格を取得できます。 その上で、管理栄養士の国家試験受験資格を取得できます。

栄養士養成施設を卒業してもすぐに、管理栄養士の国家試験の受験資格を取得することはできません。 厚生労働省令で、一定期間実務を経験して初めて、受験資格を得られます。

栄養士養成施設と実務経験がトータルで5年以上になれば受験資格を取得できます。 4年制の大学に通っていれば1年以上の実務経験が必要です。 2年制の短大を卒業したら3年以上の実務経験を積む必要があります。

これだけの受験資格を満たして、管理栄養士の国家試験を受験し合格すれば、管理栄養士の免許を取得することができます。 管理栄養士の合格率を見てみると、毎年25~30%の辺りで推移しています。

ですから、決して簡単な試験ではないということを頭の中に入れておきましょう。

<広告>

栄養士就職コラム
栄養士に就職したい! 栄養士の就職状況 栄養士のやりがいは? 栄養士の仕事
栄養士の役割 栄養士の年収 栄養士を取り巻く関連資格 栄養士は栄養指導のスペシャリスト
栄養士に向いている人 今後の栄養士に求められること 学校給食 栄養士の職場 委託給食会社 栄養士の職場
病院 栄養士の職場 介護施設 栄養士の職場 保健所 栄養士の職場 外食産業 栄養士の職場
食品メーカー 栄養士の職場 保健センター 栄養士の職場 スポーツ栄養士 栄養士の職場 公務員 栄養士の職場
フリー 栄養士の職場 栄養士と管理栄養士の違い 栄養士になろう! 栄養士になるための方法
栄養士養成施設の特徴 栄養士養成のカリキュラム 栄養士の実習 自分に合った学校の選び方
卒業後の手続き 栄養士実力認定試験について 管理栄養士になろう! 管理栄養士になるための方法
管理栄養士養成施設の特徴 管理栄養士養成のカリキュラム 管理栄養士国家試験の概要 認められる実務経験について
管理栄養士国家試験の合格率 合格のための勉強方法 受験の申し込みをしよう 合格後の手続き

<広告>

<広告>