top›管理栄養士養成施設の特徴

管理栄養士養成施設の特徴

<広告>

<広告>

管理栄養士の資格を取得するためには、国家試験を合格する必要があります。 しかし国家試験を受験するためには条件があって、管理栄養士養成施設を卒業する方法があります。

管理栄養士養成施設は文字通り管理栄養士を養成するための施設で、管理栄養士学校と呼ばれることもあります。 管理栄養士養成施設は大学と専門学校がありますが、いずれも4年制のカリキュラムを修了する必要があります。

4年制の大学の場合、栄養学部や家政学部の中に設置されていることが多いです。 4年制の大学の場合、たいていは女子大に設置されていることが多いです。

共学の大学の中にも、管理栄養士養成施設が設置されている所もあります。 通常は医療関係の学部の中に学科として併設されている傾向があります。 日本全国にありますので、自宅の近くで見つかる可能性も高いです。

大学と専門学校との違いについてですが、カリキュラムの内容については差がありません。 授業編成について厚生労働省が基準を設定していて、それを満たす必要があります。 このため、両者の間には大きな差ができないようになっているのです。

しかし卒業をした時に与えられる称号に違いが見られます。 もし4年制の大学を卒業した場合には、学士号が授与されることになります。

一方、専門学校を卒業する時には、高度専門士と言うものが与えられます。 専門学校の場合、設置されている地域が限定されています。

現在のところ、東京都と新潟県、大阪府、京都府にだけしか設置されていません。

<広告>

栄養士就職コラム
栄養士に就職したい! 栄養士の就職状況 栄養士のやりがいは? 栄養士の仕事
栄養士の役割 栄養士の年収 栄養士を取り巻く関連資格 栄養士は栄養指導のスペシャリスト
栄養士に向いている人 今後の栄養士に求められること 学校給食 栄養士の職場 委託給食会社 栄養士の職場
病院 栄養士の職場 介護施設 栄養士の職場 保健所 栄養士の職場 外食産業 栄養士の職場
食品メーカー 栄養士の職場 保健センター 栄養士の職場 スポーツ栄養士 栄養士の職場 公務員 栄養士の職場
フリー 栄養士の職場 栄養士と管理栄養士の違い 栄養士になろう! 栄養士になるための方法
栄養士養成施設の特徴 栄養士養成のカリキュラム 栄養士の実習 自分に合った学校の選び方
卒業後の手続き 栄養士実力認定試験について 管理栄養士になろう! 管理栄養士になるための方法
管理栄養士養成施設の特徴 管理栄養士養成のカリキュラム 管理栄養士国家試験の概要 認められる実務経験について
管理栄養士国家試験の合格率 合格のための勉強方法 受験の申し込みをしよう 合格後の手続き

<広告>

<広告>