top›管理栄養士養成のカリキュラム

管理栄養士養成のカリキュラム

<広告>

<広告>

管理栄養士になるためには、管理栄養士養成機関に通って勉強をしないといけません。 管理栄養士養成ではどのようなカリキュラムが実施されているのでしょうか?

管理栄養士養成のカリキュラムを見てみると、専門基礎分野と専門分野とに分けられています。 専門基礎分野には、社会・環境と健康、人体の構造と機能及び疾病の成り立ち、食べ物と健康が含まれます。

社会・環境と健康は社会や環境と言った周辺要因によって、人間がどのような影響を受けるのかについて学習します。 人体の構造と機能及び疾病の成り立ちについてですが、まず人体の構造やシステムを理解していきます。

そして主要疾患についての症状や原因、治療方法について学習します。 食べ物と健康は、食品に含まれる各種成分について理解する科目になります。

専門分野では、栄養学について学習をします。 栄養学の分野も多岐にわたり、基礎から応用まであります。 その他にも栄養教育論や臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論などについて学習をしていきます。

そしてこれらの専門分野をすべて駆使して、栄養評価やマネージメントができるための総合演習を受講します。

その他には、臨地実習の強化も用意されています。 こちらは実践的な栄養士としての活動をすることで、適切に栄養管理ができるためのノウハウを理解することになります。

また実践的な活動を通じて、課題を解決するための専門的なスキルを獲得していきます。 管理栄養士養成機関を卒業して、国家試験を受験し合格すれば管理栄養士の資格が取得できます。

<広告>

栄養士就職コラム
栄養士に就職したい! 栄養士の就職状況 栄養士のやりがいは? 栄養士の仕事
栄養士の役割 栄養士の年収 栄養士を取り巻く関連資格 栄養士は栄養指導のスペシャリスト
栄養士に向いている人 今後の栄養士に求められること 学校給食 栄養士の職場 委託給食会社 栄養士の職場
病院 栄養士の職場 介護施設 栄養士の職場 保健所 栄養士の職場 外食産業 栄養士の職場
食品メーカー 栄養士の職場 保健センター 栄養士の職場 スポーツ栄養士 栄養士の職場 公務員 栄養士の職場
フリー 栄養士の職場 栄養士と管理栄養士の違い 栄養士になろう! 栄養士になるための方法
栄養士養成施設の特徴 栄養士養成のカリキュラム 栄養士の実習 自分に合った学校の選び方
卒業後の手続き 栄養士実力認定試験について 管理栄養士になろう! 管理栄養士になるための方法
管理栄養士養成施設の特徴 管理栄養士養成のカリキュラム 管理栄養士国家試験の概要 認められる実務経験について
管理栄養士国家試験の合格率 合格のための勉強方法 受験の申し込みをしよう 合格後の手続き

<広告>

<広告>