top›管理栄養士国家試験の概要

管理栄養士国家試験の概要

<広告>

<広告>

管理栄養士になるためには、管理栄養士の国家試験を受験し、合格する必要があります。 管理栄養士の国家試験は、毎年3月の第3日曜日に実施されています。

国家試験は1日で実施され、午前と午後に分かれて試験が実施されます。 午前中の試験ですが、105問が出題され、2時間40分の試験時間で実施されます。

問題内容ですが、まず社会・環境と健康の問題が20問出題されます。 人体の構造や各機能の問題と疾病について問う問題が30問出題されます。 食べ物と健康の関係について25問出題されます。

また栄養士は栄養学のエキスパートです。 このため、栄養学の問題も出題されます。 基礎と応用問題に分かれて出題され、それぞれ14問と16問が出題されます。

午後の部では95問が出題され、2時間25分の試験時間で実施されます。 栄養教育論が15問出題されます。

また栄養学の中でももっと細かなジャンルの問題について出題されます。 臨床栄養学が30問、公衆栄養学が20問出題されます。

栄養士の中には、給食関連の職場で働く人もいます。 そこで求職経営管理論について問う問題が20問出題されます。

最後に管理栄養士としての応用力を問う問題が10問出題されます。 200問出題され、それぞれ正解すると1点が与えられます。 120点以上その中で獲得できれば、管理栄養士の資格が与えられます。

ちなみに管理栄養士の合格発表ですが例年は、5月の上旬に発表されることが多いです。 栄養士は養成施設を卒業できれば、無条件で与えられます。

管理栄養士は試験に合格しないと資格取得ができない分、就職する際には有効な武器になりえます。

<広告>

栄養士就職コラム
栄養士に就職したい! 栄養士の就職状況 栄養士のやりがいは? 栄養士の仕事
栄養士の役割 栄養士の年収 栄養士を取り巻く関連資格 栄養士は栄養指導のスペシャリスト
栄養士に向いている人 今後の栄養士に求められること 学校給食 栄養士の職場 委託給食会社 栄養士の職場
病院 栄養士の職場 介護施設 栄養士の職場 保健所 栄養士の職場 外食産業 栄養士の職場
食品メーカー 栄養士の職場 保健センター 栄養士の職場 スポーツ栄養士 栄養士の職場 公務員 栄養士の職場
フリー 栄養士の職場 栄養士と管理栄養士の違い 栄養士になろう! 栄養士になるための方法
栄養士養成施設の特徴 栄養士養成のカリキュラム 栄養士の実習 自分に合った学校の選び方
卒業後の手続き 栄養士実力認定試験について 管理栄養士になろう! 管理栄養士になるための方法
管理栄養士養成施設の特徴 管理栄養士養成のカリキュラム 管理栄養士国家試験の概要 認められる実務経験について
管理栄養士国家試験の合格率 合格のための勉強方法 受験の申し込みをしよう 合格後の手続き

<広告>

<広告>