top›認められる実務経験について

認められる実務経験について

<広告>

<広告>

栄養士の資格を持つ方が管理栄養士になるためには実務経験が必要です。 では実務経験はどのくらい必要なのかというと、栄養士養成施設の在籍期間と実務経験の合計が5年にならなければなりません。

つまり養成施設在籍期間が2年なら実務経験は3年、養成施設在籍期間が3年なら実務経験は2年、養成施設在籍期間が4年なら実務経験は1年ということになります。 今は3年生の養成施設が多いですから、ほとんどの方が2年ということになります。

ではここで必要な実務経験とはどのような内容になるのでしょうか。 この実務経験と認められるのは、厚生省令で定められる施設になります。

ではその施設とはどのような施設なのかというと、栄養評価および判定を基本とした栄養指導などの専門知識、スキルが身につけられることを基本と士、栄養士法施行規則第12条の2に施設の範囲が当てはまる必要があります。

この施設は具体的にどのようなものかというと、たとえば委託会社があります。 栄養士という肩書きを持って勤務すると受験の資格を得られる実務経験になります。

なお証明書の発行は会社から行われます。 ただし、実務経験を積んでも管理栄養士国家試験に必要な知識が増えるわけではありませんから、実務経験+養成機関に通う人が大半です。

ただ実務経験を積むだけでは合格率は低いようですから、何事にも真剣に取り組むこと、スキルアップをしていくことも重要になります。

管理栄養士を目指す方は、しっかりと実務経験を積んでいきましょう。

<広告>

栄養士就職コラム
栄養士に就職したい! 栄養士の就職状況 栄養士のやりがいは? 栄養士の仕事
栄養士の役割 栄養士の年収 栄養士を取り巻く関連資格 栄養士は栄養指導のスペシャリスト
栄養士に向いている人 今後の栄養士に求められること 学校給食 栄養士の職場 委託給食会社 栄養士の職場
病院 栄養士の職場 介護施設 栄養士の職場 保健所 栄養士の職場 外食産業 栄養士の職場
食品メーカー 栄養士の職場 保健センター 栄養士の職場 スポーツ栄養士 栄養士の職場 公務員 栄養士の職場
フリー 栄養士の職場 栄養士と管理栄養士の違い 栄養士になろう! 栄養士になるための方法
栄養士養成施設の特徴 栄養士養成のカリキュラム 栄養士の実習 自分に合った学校の選び方
卒業後の手続き 栄養士実力認定試験について 管理栄養士になろう! 管理栄養士になるための方法
管理栄養士養成施設の特徴 管理栄養士養成のカリキュラム 管理栄養士国家試験の概要 認められる実務経験について
管理栄養士国家試験の合格率 合格のための勉強方法 受験の申し込みをしよう 合格後の手続き

<広告>

<広告>