top›栄養士の仕事

栄養士の仕事

<広告>

<広告>

栄養士と言うのは、栄養のスペシャリストとみなされます。

そこで人々の食事の管理をすることで、健康管理を行っていくのが仕事になります。 ちなみに栄養士の仕事は大きく分けて2つの業務を柱にしていることが多いです。

まずは、食事の管理をすることです。 学校や病院で仕事をしている栄養士の方が多いですが、子供や入院患者の食事のメニューを考えます。 この時、健康を維持するために栄養バランスがきちんと取れているかどうかをチェックします。

しかし栄養バランスがいいだけでなく、おいしい食事になるかどうかについても配慮をしながら、メニューを決めていくことになります。

病院では、医者や看護師、薬剤師と言った他の医療スタッフと連携をとりながら食事のメニューを考えていきます。 患者の病気によっては、摂取してはいけないものなどもあるかもしれません。

そのような情報をしっかりと共有して、それぞれの患者にマッチした料理を提供する必要があります。 基本的に栄養士は、献立の作成で調理はしませんが、一部職場では調理師と一緒になって料理をすることもあります。

もう一つの主要な栄養士の仕事として、栄養指導があります。 それぞれの人の食生活の現状を踏まえ、健康維持するためにはどのようなことに注意をすべきかについてアドバイスをしていきます。

糖尿病に代表されるような生活習慣病や肥満は、食生活の見直しをしないといけません。 そこで彼らに今後の食事で気をつけるべきことについて、いろいろとアドバイスをしていきます。

<広告>

栄養士就職コラム
栄養士に就職したい! 栄養士の就職状況 栄養士のやりがいは? 栄養士の仕事
栄養士の役割 栄養士の年収 栄養士を取り巻く関連資格 栄養士は栄養指導のスペシャリスト
栄養士に向いている人 今後の栄養士に求められること 学校給食 栄養士の職場 委託給食会社 栄養士の職場
病院 栄養士の職場 介護施設 栄養士の職場 保健所 栄養士の職場 外食産業 栄養士の職場
食品メーカー 栄養士の職場 保健センター 栄養士の職場 スポーツ栄養士 栄養士の職場 公務員 栄養士の職場
フリー 栄養士の職場 栄養士と管理栄養士の違い 栄養士になろう! 栄養士になるための方法
栄養士養成施設の特徴 栄養士養成のカリキュラム 栄養士の実習 自分に合った学校の選び方
卒業後の手続き 栄養士実力認定試験について 管理栄養士になろう! 管理栄養士になるための方法
管理栄養士養成施設の特徴 管理栄養士養成のカリキュラム 管理栄養士国家試験の概要 認められる実務経験について
管理栄養士国家試験の合格率 合格のための勉強方法 受験の申し込みをしよう 合格後の手続き

<広告>

<広告>