top›栄養士の役割

栄養士の役割

<広告>

<広告>

栄養士は、食事の栄養に関するスペシャリストという位置づけになります。 人々の健康を維持するために、食の観点からいろいろと指導を行っていくのが主要な役割と言えます。

例えば、学校や病院で活動している栄養士の人もいますが、給食などのメニューを考えていきます。 この時、人間が生活するために必要な栄養分がきちんと摂取できるかどうかを考える必要があります。

それ以外にも、個々の料理のバランスを考えて、おいしく味わえるような献立になっているかどうかについても配慮する必要があります。 病院や学校で働くと、より健康管理の仕事をしていると実感できるのではないでしょうか?

給食は学校で作るのではなく、給食を調理している所があって委託をしているケースもあります。 この場合、給食会社に就職をして栄養バランスの指導をしている栄養士の方もいます。

他には一般企業に就職をする栄養士の方もいます。 この場合栄養士の役割は、社員の健康管理をすることになります。

会社の中には、社員食堂を用意しているケースもあります。 社員食堂で提供する献立を考えるのですが、栄養バランスやカロリーに配慮したメニューを考える仕事を任されます。

また食料品会社に就職をする栄養士の人も少なくありません。 食料品会社では、新商品の開発をしていきます。 新商品の開発をする時に、栄養面からいろいろなアドバイスを栄養士は行います。

食料品業界では健康志向が高まっているので、栄養士のアドバイスはますます重要になってきています。

<広告>

栄養士就職コラム
栄養士に就職したい! 栄養士の就職状況 栄養士のやりがいは? 栄養士の仕事
栄養士の役割 栄養士の年収 栄養士を取り巻く関連資格 栄養士は栄養指導のスペシャリスト
栄養士に向いている人 今後の栄養士に求められること 学校給食 栄養士の職場 委託給食会社 栄養士の職場
病院 栄養士の職場 介護施設 栄養士の職場 保健所 栄養士の職場 外食産業 栄養士の職場
食品メーカー 栄養士の職場 保健センター 栄養士の職場 スポーツ栄養士 栄養士の職場 公務員 栄養士の職場
フリー 栄養士の職場 栄養士と管理栄養士の違い 栄養士になろう! 栄養士になるための方法
栄養士養成施設の特徴 栄養士養成のカリキュラム 栄養士の実習 自分に合った学校の選び方
卒業後の手続き 栄養士実力認定試験について 管理栄養士になろう! 管理栄養士になるための方法
管理栄養士養成施設の特徴 管理栄養士養成のカリキュラム 管理栄養士国家試験の概要 認められる実務経験について
管理栄養士国家試験の合格率 合格のための勉強方法 受験の申し込みをしよう 合格後の手続き

<広告>

<広告>